バルクアップ(BULKUP)サプリ公式通販ショップ
バルクアップ(BULKUP)サプリ公式通販ショップ
»ホーム »筋トレとお酒の関係は?

筋トレとお酒の関係は?

お酒

仕事後に筋トレをするのが習慣になっている人も多いと思います。嫌な上司や取引先のことも全て忘れ、自分の世界に没頭しながら逞しい肉体を作り上げる。心身ともにリフレッシュするためには最適な時間と言えますよね。

そして、筋トレ後のお楽しみといえばやっぱり晩酌。お酒ですよね。ビールに焼酎、ワインにハイボールといろいろな種類のお酒を皆さん、思い思いに楽しまれていることと思います。中にはお酒を気兼ねなく飲むために筋トレを始めたって人もいるくらいなんではないでしょうか。

ところで、実際にお酒と筋肉の関係って皆さんご存知ですか?また、意識してらっしゃいますでしょうか。筋トレに対する意識や目的というのは千差万別ですから「とにかく筋肉をデカくしたい!」「コンテストで優勝したい!」というガチ系の人もいれば、「ある程度健康的で引き締まった体でいられればいい」という感じの人もいます。ですから、あくまでも「程度問題」ではあるのですが、今回は改めて、お酒と筋トレの関係性について考えてみるとともに、話題のサプリメント「HMB」とお酒についても解説していきたいと思います!


お酒は筋肉発達に良い?悪い?実際の影響は?

それではまず、お酒と筋肉・筋トレの関係についてご説明しましょう。結論から言ってしまうと「お酒は筋肉にあまり良いことは無い」というのが答えになります。ちょっと残念に感じる方も多いかもしれませんが、では実害が大きいのかと言われれば、決してそうではないので安心してくださいね。

まず、お酒を飲むと「コルチゾール」というホルモンが分泌されます。このコルチゾールはストレスホルモンの一種であり、カタボリックホルモンでもあります。カタボリックというのは「筋肉の異化作用」のことです。つまり筋肉を分解してしまうわけです。

また、お酒を飲み、そのアルコールを肝臓が分解している間はタンパク質の分解や代謝を行うことができません。ですから、常に血中アミノ酸濃度を高めておくという観点から見ても、アルコールによって肝臓の仕事量を増やしてしまうのは決して得策とは言えないわけです。


これ以上はダメ!お酒の量の限界値の考え方

では、お酒は一滴でも飲んだらアウトなのか。筋トレにはマイナスとなってしまうのか。と言えばそうではありません。何事にも「適量」というものがあります。お酒も節度を守って、飲む量に注意していれば筋肉や筋トレの足を引っ張ることはないのです。

その際の一つの考え方として、「次の日の朝に残る量のお酒は飲まない」というのが簡単な判断方法になります。翌日の起床時にスパッと起きられるレベルであれば前日のお酒の量は問題なかったと判断して大丈夫ですし、一方で頭が痛かったり、胃腸の調子が悪い場合はお酒の飲み過ぎだと考えるべきです。これは、私を含め、多くのトレーニー達が口を揃えて言っていますね。



バルクアップ公式通販ショップ筋肉サプリ情報

バルクアップHMBプロとは HMBとは バルクアップHMBプロの製造について