バルクアップ(BULKUP)サプリ公式通販ショップ
バルクアップ(BULKUP)サプリ公式通販ショップ
»ホーム »筋肉トレーニングで筋肉痛にならないのはなぜ

筋肉トレーニングで筋肉痛にならないのはなぜ

筋肉痛

そもそも筋肉痛というものが何か正しく理解出来てない人たちも多くいるのではないでしょうか。実際に、いろいろと研究がされているものの筋肉痛というものが何か正しく判っている訳ではありません。ただし、それでは先へ進んでいくことが出来ませんので、判る範囲でお答えしましょう。


なぜ筋肉痛が起こるのか

よく聞く話しとして乳酸がたまっていると筋肉への酸素がいかなくなるため筋肉痛が起こると言われています。しかし実際には乳酸って運動したあと、想像以上減少していくものであり、おそらく正しい答えではありません。

もっと信憑性のあるものとして、筋肉トレーニングをすれば筋繊維が損傷してしまい、回復を目指すときに炎症が起こり、筋肉を刺激してしまっているということです。実際に、はっきりとしたことが科学的に証明出来ている訳ではありませんが、筋肉痛があった方が達成感もあり、筋肉がつき、自分のモチベーションも高まるという人たちが多くいます。ただし、筋肉痛がないのに筋肉がついたという人たちもいますので、100%確定的ということではありません。


意識すべきは伸張性収縮

あえてここでは筋肉痛が筋肉をつけると想定して、ちょっとしたノウハウをお話ししましょう。

筋肉痛は、筋肉が伸びるときに起こりやすいと言われています。「伸張性収縮」とか、「エキセントリック収縮」という言い方をします。ダンベルカーでいえば、持ち上げる動作の場合は短縮性収縮であり、下げるときが 伸張性収縮です。

筋肉痛の効果を期待したいというのなら、伸張性収縮の動作を意識してみましょう。 筋肉痛にならない原因が、筋トレ以外にも原因を考えることが出来ます。例えば、かなり時間を取ってストレッチしたり、マッサージを受けたりしてケアを万全にしている人たちは筋肉痛が緩和されて筋肉痛にはならない場合もあります。 そしてもともとなりにくい体質もあると言います。更にいえば既に十分鍛えられた筋肉であれば、トレーニングのレベルと釣り合ってない場合には筋肉痛に全然ならないというケースがあります。そのようなときはもっとハイレベルなトレーニングを目指していく必要があります。



バルクアップ公式通販ショップ筋肉サプリ情報

バルクアップHMBプロとは HMBとは バルクアップHMBプロの製造について