バルクアップ(BULKUP)サプリ公式通販ショップ
バルクアップ(BULKUP)サプリ公式通販ショップ
»ホーム »クレアチンってどんな効果が期待できる?

クレアチンってどんな効果が期待できる?

クレアチンってどんな効果が期待できる?

筋肉を鍛えるトレーニングのパートナーと言えば筋肉サプリ。
摂取する量、タイミング。それぞれがこだわりを持っているのではないでしょうか。
伸ばしたい能力、鍛えたい部位。それぞれの違いによって筋肉サプリとの「付き合い方」は異なるかと思います。何せ筋肉サプリは多種多様です。様々なメーカーからそれぞれ微妙に異なるタイプの筋肉サプリが登場しているのですが、多くの人から選ばれている筋肉サプリといえばクレアチンです。

クレアチンとは有機酸の一種、メチルグアニジノ酢酸のことですが、筋肉内にも存在するのです。生体内においてエネルギー源として貯蔵され、瞬発力が求められる競技に力を発揮してくれるのですが、スポーツ全般に於いて瞬発力が求められるだけに、クレアチンを求めている人も多いのです。

クレアチンという成分の詳しい効果とは

クレアチンは体の中にあるものなのですが、クレアチンの最大のメリットはATPを作り出す点にあります。ATPとは「アデノシン三リン酸」で、このATPこそ我々のエネルギー源なのです。
体のエネルギー源と言えばミネラルやビタミン、糖質。多少トレーニングの知識のある人であればタンパク質もご存知かと思いますが、これらの成分はエネルギーになるのではなく、エネルギーの元になるのです。

つまり、ビタミンやミネラル、タンパク質に糖質。これらはATPの原料と言い換えて良いでしょう。クレアチンの場合、それらの成分のように原料ではなく、ATPそのものを精製出来ますので、より効率の良いエネルギー補給が可能なのです。 トレーニングを行うことによってATPが消費されますが、消費されたATPはADP、「アデノシンニリン酸」へと変化します。ADPはエネルギー源にはなりませんので、エネルギーを使えば使う程、パワーが低下するのです。いわば体内のエネルギー源のATPを利用する。そしてATPを利用することでエネルギー源にならないADPへと変換され、ADPが体内に貯まっていくのです。これがいわば疲れや疲労のメカニズムでもと言い換えても良いのですが、驚くべきことにクレアチンはADPからATPへと再変換も可能です。

つまり、クレアチンを利用する事でATPからADP、そしてADPからATP。いわば無限ループと言っても良いでしょう。
エネルギー源が枯渇しませんので、常にトレーニングが可能になります。通常時以上のパワーが出ると感じたり、持久力があると感じるのはクレアチンが本来であればエネルギー減にならないADPをATPというエネルギー源に変える働きを持っているからなのです。限界以上までトレーニングが出来るようなれば、トレーニング効率が高まるのは当然です。

クレアチンは副作用はないのか

クレアチンに対して誤解している人も多いです。クレアチンを筋肉増強剤と勘違いしている人や副作用のある物だとの誤解もあるようです。
先に挙げた原理のおかげで自分自身の限界以上のパワーを引き出せるがために筋肉増強剤だと勘違いしている人もいるのですが、決して禁止されているのですが、そもそも体内にあるものですし、ATPとADPのいわばリサイクルをしているだけであって決して筋肉増強剤ではありません。禁止薬物ではありませんので、完全な誤解です。

また、筋肉増強剤なのでは?との疑問よりも副作用が多いものだと思っている人の方が多いとも言われているのですが、副作用に関しては医学の先進国であるアメリカでの調査に於いても問題は出てきていません。12週間クレアチンを摂取していても血中脂質状態に影響はないとの報告や健康状態への影響も皆無。更にはクレアチンによる健康被害さえ確認されていないのです。

クレアチンは、なぜかネガティブなイメージをお持ちの方が多いのですが、そのような報道のされ方があるからこそなのでしょう。
実際にはアメリカのボディブルディングサイト(bodybuilding.com)にて如何にクレアチンが無害なのかが科学的見地から証明されているのです。

パフォーマンスの向上ならクレアチン!

副作用もなければ限界以上のトレーニングを可能にさせてくれるのがクレアチンです。
パフォーマンスの向上は自分自身を限界まで追い込まなければなりません。ですがトレーニングはどのような物であれ、時間、回数と共にどうしても肉体に疲労が出て徐々にパフォーマンスが低下します。そこからの超回復がいわゆる「パフォーマンスの向上」になりますので、トレーニングとはどれだけ自分を追い込んだのかと言い変えても良いでしょう。

クレアチンを利用すれば、本来は疲れが出てくるものが疲れにくいのです。ADPという、いわば疲れの原因とも言うべきものをATPというエネルギー源に変えてくれるのです。つまりは自分のことをとことん追い込めますので、トレーニング効果も高まるのです。

クレアチンの摂取により、どうしても越えられなかった壁を超えられるようになったとの声も聞こえてきます。もう一段上の自分を手に入れるための強い味方となってくれるクレアチン。筋肉サプリとして活用してみてはいかがでしょう?

バルクアップ公式通販ショップ筋肉サプリ情報

バルクアップHMBプロとは HMBとは バルクアップHMBプロの製造について