バルクアップ(BULKUP)サプリ公式通販ショップ
バルクアップ(BULKUP)サプリ公式通販ショップ
»ホーム »クレアチンとはどういった成分なのか?筋トレ効率化への影響と効果

クレアチンとはどういった成分なのか?筋トレ効率化への影響と効果

クレアチンとはどういった成分なのか?

クレアチンはスポーツ選手が使用していることで有名になった成分で、現在では一般の人でも短期間で効率的に筋肉を身につけるために利用されるようになったサプリメントです。そのクレアチンとは、タンパク質の一種であり、筋繊維にエネルギーを貯蔵して必要な時に供給する役割を持つ成分であるといわれています。

特に最大筋力を発揮する際にクレアチンが使われるので、持久力よりも最大筋力が求められるスポーツや種目を行う際に利用されてきました。このことは、筋肉を短期間で身につけるための筋肉アップのトレーニングにおいても有効で、クレアチンが最大筋力の発揮をサポートするため、より効果的に筋肉を増加させ、筋繊維を太くすることが可能になります。

クレアチンとはどういった食品から摂取することができる?

クレアチンとはどういった食品から摂取することができる

クレアチンとは化学合成物質ではなく、元々人間の体に存在する物質であり食事から摂取することができます。タンパク質の一種ですので、肉類、魚類から得ることができるのですが、特に赤みの生肉に多く含まれているということもあり、通常の食事からサプリメントレベルの量を取ることは難しいといわれているのです。このため、クレアチンを利用する場合にはサプリメントを利用するケースがほとんどとなっています。

クレアチンが最大筋力を増加させる仕組みとは?

クレアチンが最大筋力を増加させる仕組みとは?

人間は、筋肉を動かすためにATP(アデノシン3リン酸)という状態のエネルギーを必要とします。このATPとクレアチンが結びつくことによって、より体内に多くATPを貯蔵できる状態になります。これが、筋肉に持続的にエネルギーを供給することにつながり、豊富なエネルギーを消費できる筋肉はそのパフォーマンスを十分に発揮できるようになるのです。

クレアチンとはオリンピック選手も利用する安全なサプリメント

クレアチンとはオリンピック選手も利用

最近の調査では、オリンピックに参加する選手の大半がクレアチンを摂取しているといわれています。もちろんですが、使用は認められていて風邪薬ですら検出するというドーピング検査にひっかかることもありません。これはクレアチンが元々人体に備わっている物質であるからで、サプリメントとして摂取しても危険性は非常に低いといわれている理由でもあります。

クレアチンの多量摂取は控えましょう

クレアチンの多量摂取は控えましょう

クレアチンは筋力に良いとされていますが。もちろん、異常な量を摂取すると副作用的な悪影響が出る可能性があるのは他の多くのサプリメントやビタミン・ミネラルと同じです。
クレアチンを適量摂取することによって、今も世界中のスポーツ選手、オリンピック選手、そしてアマチュアの人達が体を効率的に鍛えてそのパフォーマンスを向上させています。
その摂取量は1日4g前後で十分であり、1日あたりのコストは高級品であっても100円程、普及品ならさらに低価格でもあってそのコストパフォーマンス面でも他のサプリメントを圧倒しているといえるでしょう。

クレアチンの効果とは?筋力トレーニングで美しい体作りに貢献してくれる。

クレアチンの効果とは?

クレアチンはプロテインやBCAAといった他の筋肉量アップのためのサプリメントと比べても早期に効果を実感しやすいといわれています。それは、高強度の負荷においてエネルギーを引き出すという性質と無縁ではありません。そしてそのことは普段のトレーニングにおいて普段以上の筋肉トレーニング効果を与えるものであり、筋肉量のアップに貢献します。

筋肉量を短期間で効率的にアップさせるためには筋力トレーニング、十分な栄養と休養が必要ですが、クレアチンはその筋力トレーニングの効果をより効率的にする働きによって、短期間で美しい肉体・スタイルを手に入れることに貢献してくれるのです。特に筋力トレーニングのために用意できる時間が少ない忙しい方や、短期間で結果を出したい方には、クレアチンを利用することをおすすめします。

バルクアップ公式通販ショップ筋肉サプリ情報

バルクアップHMBプロとは HMBとは バルクアップHMBプロの製造について